/*Google+のアイコン画像の紐づけ*/

シングルマザー~ドイツ移住~

フリーランサーとして子育て

元気でポジティブ、こんな私でも鬱になりました

 こんにちは。frauk(@frauk0207)です。

 

最近、私のTwitterには残念ながら過労死の話題がよく上がってくるので、私の思い書きます。

といっても幸い私はブラック企業に勤めたわけでもなく、残業すらしたことが記憶にありません。

 

私の経験というのは鬱(うつ)になったということです。

もし過労で鬱の方がいらっしゃれば、自殺するまで追い詰められる前に踏みとどまってほしいと思い私の経験を書こうと思います。

 

鬱の症状、なぜ鬱になったのか?、今は克服できたのか?・・・周りに鬱の症状の方がいたらどんなふうに接すればいいのか、私なりにまとめてみました。

f:id:frauk:20171011003107j:plain

 

 

鬱(うつ)とは

・頭痛、微熱、全身の倦怠感
不眠症
・朝、起きられない
・食欲不振
・下痢
・体重の減少
・動悸、呼吸困難
など普段は「自律神経」によってコントロールできていることが、うつ病になるとこの「自律神経」の働きがおかしくなります。

この状態のことをうつといいます。


気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である[2]。

   Wikipediaより

 

また世界的にみても多くの人がうつ病なのにもかかわらず効果的な治療法が確立されておらず、間違った治療法もあるということなので、自分自身ではどうすることもできず時間だけが過ぎていくということが起こりうるかもしれません。

有病者数は世界で3.5億人ほどで一般的であり、世界の障害調整生命年(DALY)において第3位(4.3%)に位置づけられる[5][6]。しかし多くの国にて治療につながっておらず、先進国であろうと適切にうつ病と診断されていない事が多く、その一方ではうつ病と誤診されたために間違った抗うつ薬投与がなされている[5]。

   Wikipediaより

 

鬱になった私の性格

私の性格は前向きで明るくて、はっきりしていて裏表なく友人と付き合い、とにかく何があっても何とかなるさと思える性格でした。

海外に憧れもありヨーロッパを中心に旅行が好きでよく行っていました。結婚、出産と経験し、家も建てて周りから見れば幸せに見えたと思いますし、実際私も今思うと幸せに暮らしていたなと思います。

自分で言うのも変ですが元夫とは6年ほど付き合って結婚しましたが、愛されているなという実感が伝わってくるような人でした。友人も同じ意見だったので離婚したと報告すると驚ろかせてしまいました。

鬱になった原因

そんな私がなぜうつ病になってしまったのか・・・原因はずばり夫の不倫と離婚問題でした。

※不倫の原因は双方言い分があるのでここでは話題にしません。離婚の詳しい状況についても同じです。

 

以前の私は夫に不倫されてもうつになんてならないだろうと思っていました。鬱なんて一生無縁の人生を送るだろうと、なぜ鬱になるのかわからないし、鬱になる人たちは生きる限界まで追い詰められたのだろうと勝手に想像していました。

でも実際はそんなに追い詰められなくても自分の人生においてたった1回、一瞬ショッキングな出来事に遭遇すると簡単にうつ病になってしまうのだということを実感しています。

 

私の場合は夫の裏切りを知った瞬間でした。そこから自分の精神をコントロールすることができずうつ病になっていったのだと思います。

ただ自分自身がうつ病だということに気づくのに1年ほどかかりました。

なぜならその時の状況をだれにも話さなかったから。友人にも会社の同僚にも。

親にすら話さなかったから・・・自分の精神がおかしいということに気づかなかったのです。

鬱の症状(私の場合)

・不眠

・情緒不安定(一人になると涙が止まらない)

・上記2点による睡眠不足

・動悸

過呼吸

・無気力

・携帯電話の着信におびえる

 

最後の「携帯電話の着信におびえる」とかは異常ですよね。この自分自身の異常な状態に早く気づけよって感じですが渦中にいる私は気づかなかったんです。

 

この症状の時、私自身はどのように思っていたのか・・・

・不倫されたのは私が悪い。

・私の性格や行いを改善すれば夫の心は戻ってくる。

・不倫をさせてしまった夫に申し訳ないな。

・夫に対しては笑顔になって美味しいご飯を作っていればきっと元の夫婦に戻れる!

・私が耐えれば大丈夫

 

ある意味ポジティブな私でしたが、普通の精神状態だとこんな風には思わないと思います。

 

この期間の記憶はほとんどありません。残念ながら子供とどのように過ごしたのかも記憶がないです。

 

通勤には車を使用していて子供を保育園に送って行ったあとフルタイムで仕事をしています。

子供を保育園に降ろした後は気が抜けてしまって精神が不安定な状態で運転をしていました。

だからよく車のタイヤのホイールをすったり、道路の白線をはみ出たり、「ここ(高いところ)から落ちたら楽になるんだろうな」と考えながら運転をしていました。

でも幸い事故を起こすことはなかったです。

 

うつ病だと気づいた瞬間

1年ほどこんな精神状態で過ごした私はあるとき同じように夫に不倫され苦しんでいる女性のブログを見ました。

その方もうつ病に苦しんでおられ精神内科に通っておられました。

その方の症状は、不眠、情緒不安定、「携帯電話の着信におびえる」でした!!!

衝撃的でした。私も携帯電話の着信が怖い!これって異常なんだと気づきました。

 

「私ってもしかしてうつ病?」「メンタルクリニックに通うべき?」

止まっていた時間が動き出した瞬間でした。すぐにインターネットで近くのメンタルクリニックを探して2,3件どのように初診を受けたらいいのか尋ねました。

f:id:frauk:20171011003157j:plain

 

メンタルクリニックに通院(私の場合)

私はインターネットの口コミなども参考に車で40分くらいかかる病院に受診に行きました。

メンタルクリニックは私には縁遠いところだったのでドキドキでした。

 

まず初めに問診票を記入し、受診。

先生にどんな症状があるのか、どうしてそんな風になったのかと話をしたら、先生は「つらかったですね」と。久しぶりに人前で泣きました。やっぱり異常だったんだと認めてもらって、ずっとずっと張りつめてきた糸が切れました。

 

毎日服用する薬を2種類。過呼吸や動悸が起きたに服用する薬を1種類処方してもらいました。

 

最初は1週間ごとに通院、少しすると2週間に1回、1か月に1回と少しずつ間隔をあけての通院を2年近くしました。

周りの人に対して

ばれないように努めて明るく振舞っていました。

これは性格にもよると思いますが、私は人に弱みを見せるみたいで相談することが苦手です。

だからよけいに自分を追い詰めていったんだと思います。

 

知り合いに相談するのが苦手であれば電話やメールで匿名で相談できる窓口があります。

日本いのちの電話連盟(相談方法のページに飛びます)

現在

離婚が成立して1年数か月、幸い不眠などの症状はありません。

シングルマザーとして悩んだり、周りの夫婦+子供の様子を見たり、妊婦を見たりすると羨ましいなと正直思います。

素敵な人が現れたら再婚もしたいですし、子供も父親という存在に憧れを抱いています。

 

でもうつ病というか不倫され信頼してきた人に裏切られたことがきっかけで私はすごくネガティブな人間になってしまいました。自分に自信もないし、友達に会うのも嫌で数年くらい会っていませんでした。

この前、集まった時も「頑張ろう!」と思っていたけれど理由をつけてすぐに帰ってしまい、自己嫌悪の悪循環です。

そういう意味では後遺症みたいなものは残っています。

 

まとめ

私は自分自身の経験から自分がうつ病だと気づいていない人がいるということです。

私だけではなく他にも気づいていない方がいらっしゃるのではないかと思います。

・自分がもっと頑張れば会社のためになる

・上司に怒られるのは自分が悪いから

・残業するのは自分が悪いから

・みんな残業しているから自分も頑張らないと

・ノルマを達成できないのは自分の努力が足りないから

・休みたいけど有給なんて誰もとっていないしな

・風邪ひいたけど頑張らないと

 ・せっかくあこがれていた仕事に就いたのだから頑張らないと

 

こんな風に思っていませんか?全部だめ!自分を追い込むだけです!

仕事なので頑張ることも必要だし、上司に怒られることもあります。

でも「自分が悪いから」とか「周りも同じようにしているから」と思っているとどんどん追い詰められていきます。

 

会社は1つではないので辞めても他にもありますよ。

転職には年齢が厳しいとか家族がいるからと頑張っている方、死ぬより退職です。

世間の目が気になる方、世間の目より家族が悲しむ顔をさせないでください。

生活保護もあるので日本にいる限り飢え死にはしないと思います。

日本が苦しいなら世界に飛び出してみませんか?

 

1日に1回も心から笑顔になっていないなら追い詰められていると思います。

心の声を聴いて、ゆっくり過ごす時間が必要です。

死ぬのではなく会社から逃げても誰も非難しません。逃げる勇気は必要です。

 

相談窓口

相談とまではいかないけれど話だけでも聞いてほしい方は私でよければメールいただければお返事差し上げます。

 

素人ではなくて専門家にお話ししたい方は日本いのちの電話連盟にお問い合わせしてください。話を聞いてもらうだけでもすっきりすることもあると思います。

客観的に置かれている状況を把握してくれ正常な状態かどうか見てもらうことも大切です。

 

www.inochinodenwa.org

 

私の思い

うつ病は精神が崩壊していきます。

でもそんな人に周りは気づかないし、気づかれないよう振舞っているかもしれません。

 

現代人はみんな忙しいのでゆっくり話す時間もとりにくいでしょう。

でも様子が気になるけど今度にしよう、今度は来ないかもしれません。

「実家に帰ってゆっくりしようね」約束して待っているよりも、もし子供の様子が変だなと思ったら見に行ってほしいなと思います。

 

自殺する方は一生懸命すぎて逃げ場を見つけられなくなったのだと思います。

逃げ道を見つけて、過労からぜひ逃げてください。

 

いつまでも過労死がニュースになる日本は悲しすぎます。